フェア について悩んで育つ。

子どもの思想は、やはり、単眼的な観点に偏りがちです。

萬年ご幼少の頃、どうしても解せないことがあって。

それは、戦争という残虐非道なことを犯していながら、どうしてその渦中へ、捕虜の正当な扱い、救護要員の尊重、武器の制限(毒ガス、鉛不使用)といったルールを持ち込めるのだろうか?、という疑問。

殺し合いの中のルール?

ならば、戦争そのものをやらなきゃあいいのに。

でも、すこし大人になれば、ジュネーブ条約などで積み重ねてきた、戦争/紛争におけるこういったルールも、結局は、武力行使の効率化、戦闘員の再生産といった、深い意味あいを持つことに気づく。

戦争を遂行したいからこそのルール、ということに。

戦争という手段を決して捨てない意思があってこその条約や、決め事。

同じように、〈フェア〉とか、公平(公正)とか、こういった正義が、もっぱら強者から出てくる主張であることに気づいた者が、分別のある成人、といえる。

この国の武道、武闘に、体格別の考えや、禁じ手がほぼないのは、弱者にも勝機を〈公平〉に与えるという思想に基づく。

宮本 武蔵の戦術など、奇襲、奇異なスタイル(二刀流)、意図的な遅刻など、弱者の手練手管がてんこ盛り。

なのに、誰もそれをアンフェアとも断罪しない。

柔道に階級別が持ち込まれてことによって、それは武道ではなくスポーツに変容した。
つまり、インターナショナルな競技になった。

でも、日本人はいまだに、競技者も観衆も、襟の獲りあいに終始するような柔道を好まないし、投げ技一本による勝ちを尊ぶ。

メンタルは、依然、判官びいき、柔よく剛を制すの世界に在る。

そのような環境下で戦う柔道選手のプレッシャーたるや相当のものと、まったく同情する。

それに比べれば、サッカーのナショナルチームの重圧感など、比較するのが、申し訳くらいではないか。
すくなくとも国民的な関心からすれば。

それをですよ、アウェイの地、手堅く向かってきたオーストラリアにやっと勝ったからといって、狂喜三昧に溺れるとは、なんとも、見苦しい光景ではあった。

と、奇襲、奇策といった勝負を打てないチームに不足を感じています。

では。

ネヴァー ギブアップの、その中身。

ネヴァーを3度も重ねるんだから、相当の意気込み、とは思う。

出来ることの限界をわきまえたうえで、それを目いっぱいやることには大賛成だ、ファン&サポーターとして。

せいぜいアルウィンに足を運んで、気持ち込めて戦士を見守るよ、いままでどおり。

ただし、これだけは、外してもらっては困る。

ため息や慨嘆の、声にならない呻きのようなもの、そういうものを我慢せよ、とか、慎もう、なんてのはお門違いの話、ってことを。

サッカーを楽しむ、自然なココロのあり様を、強制してはいけません。

誰もスキ好んで、がっかりするわけじゃない。

3点、4点の失点に、静まり返るな、というのが無理なこと。

つまらんプレゼントパスやら、まづは後ろへ逃げておけ、みたいなバックパスに、それこそ、大地真央じゃぁないけれど、

― そこに、必死の山雅愛はあるんか!?、という疑念が生じるのは当たり前ではないか。

通らなかったパス。
それが、用意した戦術的に、出し手が悪いのか、あるいはそこへ走り込まなかった受け手の怠慢なのか、そんなこと、こちらが知ることもできないけれど、それを残念がって怒るのは、当たり前のことでしょう。

3失点に目がいって負けが強烈だった岡山戦ですが、萬年的には、ホーム栃木戦の負けのほうが数十倍堪えました。

それは、ゲーム後コメントの、
―前半、栃木流ボールの行ったり来たりサッカーにつき合ってしまった。

チョッと信じられない言い草であって、つきあわないように意思統一し、具体的なやり方を決めておくのがフツーだろう、と思うんです。

決め事が守れらない?、あるいは決め事が無い?

これ、組織の体をなしていない。
……、とまぁキリもないが、琉球戦は、そこのところをゲームの中で注視しますよ。

諦めない、というならば、そう言えるサッカーをするのかどうかを。

こちらは表現された範囲で感じるとるしかありませんが、
もちろん、それは覇気とか、なりふりかまわず、といった精神論でない部分、つまり戦略、戦術の徹底をどれほど追い込んでいるか、ということ。

では。

アンフェアな物語をどうする?

宗教とか信仰について、キチンと教えられる教師が中高にはほとんどいないこともあって、
「目には目、歯には歯」というハムラビ法典の字句を、復讐に関する掟と理解してしまったのが、大半の日本人。

バビロニア帝国を興した王と官僚たちが、そんな浅薄なことをやるはずもなく、
これは、賠償についての法文であった。

つまり、他人の身体や財産を損ねてしまったら、同等な内容で償うこと、と言っている。

これ、現在、世界や日本の賠償法の根本的な思想であって、たとえば、交通事故では(互いの過失割合で差っ引くにせよ)、相手車両を原状復帰するための費用を保険でまかなう。

元どおりにして落着、だ。

それは、ユダヤの律法でもまったく同じだから、ヘブライとイスラムの宗教観は双子みたいな部分が多い。

この論法によれば、民話『かちかち山』は、現在の語り口ではアンフェアなところが多い。

図書館で童話集を手にとってみると、
お婆さんを転倒させて怪我をさせたぐらいで、タヌキは、ウサギの計略にハマり、浸水する泥船とともに最期を迎えることになっている。

でも、たかが人に怪我をさせたぐらいで命をとられるなんてのは、あんまりだ、と子供に問われたら、親は、はたして、どうやって返答したらよいのか。

そうね、お婆さんはね、これで寝たきりになってずっと介護を受ける身になったから、死んだも同じことでしょ、と逃げるのも一案だが、

もともとは、たぬきがお婆さんを撲殺後、その遺体を煮込んで、これをタヌキ汁と偽って、お爺さんに食させたという非道をおこなったというお話。

それを、残虐な描写を避けたから、ウサギの敵討ちがアンフェアに映るに過ぎないのです。

他人の生命を損ねたら、みづからの生命で償う、やはり、苛酷であっても幼い者に、キチンと伝えないといけないんじゃあないか。

では。

そつのない仕事に感謝。

チーム練習が公開できないご時勢だと、公式サイトで、練習やトレーニングマッチの様子を垣間みるのが、以前にもまして待ち遠しい。

ほぉ、彼、怪我から練習に復帰しているんだ、とか、ゲームには出て来ないけれど切磋琢磨しているらしいとか。

そんなことがうかがい知れるような、意識した画像選びには大いに感謝したい。

特に、地元の日刊紙を購読しない僕のような者にとって。

昨日の栃木シティフットボールクラブ、先日のFCマルヤス岡崎、これらテストマッチの報告では、かつてクラブのために尽力してくれた元山雅戦士の姿をひろってあって、その配慮がありがたかった。

マルヤス戦では、岩波 俊介、多々良 敦斗、三島 康平。

中美 慶哉は前日にゲームに先発していた関係で、来松しなかったんだろう。
なお、ここには村瀬 勇太も在籍している。


さて、栃木シティでは、なんたって、工藤 浩平。

かつての山雅#10は、現在、#8を背負っているのか。

いまの山雅には、工藤ちゃんのような、相手をダマせるテクニックとハートを持ったプレイヤーが、つくづく少ないよなぁ。

栃木シティが参戦している関東1部リーグは、1週間前に2021日程を全消化。
栃木は、シーズンを4位で終えている。

ところで、各地域リーグの勝者が、JFL昇格を目指して戦う〈全国地域リーグチャンピョンズリーグ〉の季節がやってきた。
かつての〈地決〉ってやつですが、12チームが3組に分かれて1次ラウンドを戦い、決勝ラウンドに進出した4チームによる決着がつくのが、11月28日。

ここには、北信越リーグからは、福井ユナイテッドと、アルティスタ浅間のふたつが参戦していて、#14玉ちゃんには、チャンスを是非ものにしてもらいたい。

11月28日……か。

その日山雅は、第41節アウェイ相模原を迎えているはず。

ホーム栃木戦で落とした勝ち点3を、この日に拾えているんだろうかしらん。

では。

間違いは…起こらず (2021.10.17岡山戦レビュウ)

〈デジャブな敗戦、またひとつ〉
引き分けに持ち込めれば大歓迎、と思いながら書いたプレビュウでありましたが、間違いも起らず。

良い意味で裏切りも期待してたんですがね。

自陣に籠ってひたすら守備ということもなく、それなりにボール保持を渡してもくれた岡山、これも予想どおり。

0 – 3。
3つの失点すべて、こちらのミスを発端にしていたのが、なんともヘルプレス。

うち2点は凄まじいシュートにみえたものの、なんだ、それ以前に、足をリラックスして振り切る十分な余裕を与えていて、かなりの怠慢です。

みづからが、ゴール前にさがってしまって無統一な密集をつくってしまうとは。

これ、当方が押し込んでいって、岡山ディフェンス陣をゴール前に封じ込むことで創り出したかった光景ですが、これじゃあな。

致命的なことはふたつ。

ひとつ、文句を互いにぶつけるくらいの意思統一が感じられないこと。

ふたつ、意地でも繰り返してやってみるコンテンツがいまだ不明であること。

まるで、薄紙のうえからなぞったような画像しかみえて来ない。

ひとつめ。

起点となったミスは単に、村山、佐藤、大野の個人的な落ち度というよりも、
ディフェンスの意思統一。
次に出て来てボールを受けるプレイヤーの備え(位置取り)。
クリアしたボールの繋ぎ。
……といったものの欠如、要は、今後の展開を想定した連携の部分での破綻。

こういう連携のなさは、攻撃面になると、
前方へ〈水を運ぶ〉者として自分を使おうとする者が少ない、といった現象なんですよね。
そういう責任を買って出る者、と表現してもいい。

河合 秀人がひとり奮戦ではダメ、寄ってたかって潰されるのがオチ。

あるいは、キレて強引にでも、シュートを打ってチームに活を入れる、そんなこと。

たとえば、ボールを一旦後方へ叩くのはいいが、その後で、今度は自分がどうするか?、って動きを周囲にみせているか?

あるいは、そこでボールを受けた者が瞬時で、ボールの出し手や、次に現れるプレイヤーへつなぐ体勢に入っているか。

ボールをもらってから考えていては、このリーグ特有のうるさい守備はかわせません。

特に、栃木やファジアーノのような、守備をみづから誇る相手の場合は。

こういうオートマティカリイな連動とは、都度都度スイッチが入るんじゃあなく、既に、練習というリハーサルを積んでおいて表現可能、と思うんですが、どうなんでしょうかね。

全体として、後退、退化の印象が強いゲームをしてしまった、ということで、弁解の余地なしですが、
唯一、前 貴之はみづからのポジション二ングを工夫していた感じ。

ただサイドで張って待つのではなく、ボールを受けにセンター方面へ入っていた。

が、再度、主張しますけれど、ゲーム進行の中ピッチ内での修正、そこに声を挙げる者が不在なんで、歯止めがかからず、先制されたら、淡々と時間ばかりが流れていって、ジ・エンド。― この繰り返しです。

憎まれ役になるのは、だれも気が進まないものですが、チーム内意思統一で〈水を運ぶ〉役を買って出る存在、そこのところはどうなんでしょう。

ま、 ひとりのファンが外から言うことでもないか。

ふたつめ。

残り8ゲームをどう暮らすか?、ということに絡んできますけれど、喫緊の目標(ゴール)を見すえたうえで、どういうサッカーでいくのかを、再度統一。

戦法、戦術、ゲーム先発プレイヤー、すべてについて棚卸する、ってもんでしょう。

山口 一真が、プレイスキッカーでしか目立たないということ自体まづいこと、彼へのポジションとアサイメントを再考すべきです。

いまのやり方を追求するでも、まったくかまわない。
けれど、あれもこれも、という時季でもないので、より集中した局面に自分を追いやれ。

次節は、ピッチで周囲に鼓舞を発散できるプレイヤーが続々先発することを願っています。

この秋、初めて暖房を入れた朝に、では。