自発/活発を欠くと,こうなる (2024.6.22 相模原戦レビュウ❶)

2 – 3 の逆転負け。

立て続けの2失点、アディショナルタイムの被弾。

後半、チーム組織として機能せず……これらすべてが、落胆を、さらに重くしますね。

サイドを崩して侵入してからの1点目、

コーナーキックからの2点目、

自分らが定番とする方程式では、得点はできた(ひとつの成果!)ものの、

(最後は浅川、といったお決まりのシュートにも持っていけた)

が、実は、前半からずっと、チームとしての基調的な出来は、芳しくなかった

❶プレイヤー同士の距離が遠いために、(相手から予測可能な)単調なパスしか使えず、したがって、脅威となる攻撃シーンをなかなか創れない。

SC相模原のような、失点の少なさに自信を持っている相手には、

縦、横(サイド☞サイド)に、一気に、素早い展開を図らないと、無意味に、ボール保持率を高めるだけ、になってしまう。

つまり、或る布陣(システム)を採れば万事OK、は間違いである、を証明してみせたようなもので、

パスを引き出す(=貰う)ための、各自の動きが少なく、不活発で、
能動さを欠いた。

これは、後半、

相手のアバウトなボール抛り込みに対し、ラインがムダに下がってしまったことにも繋がった。

強風に影響されないパスによってハイボール攻撃を回避することができなかったわけで。

失点は、ロングスロウやコーナーキックからのこばれ球を押し込まれたもの、

ゆえに、守備に課題を残す。……というのは、違うだろう?

ゴール前の混戦などの対応に腐心したところで、すでに遅いのであって、

その手前、なぜ?、コーナーキックや自陣深い位置でタッチラインに逃げざるを得ないのか、を考えるべき。

いちばんは、

(個人攻撃のつもりではないが) サイドバックやサイドに入って来るプレイヤーによる圧力や、攻撃的なプレイが貧弱で、推進力が出なかったことが大きい。

❷とすれば、50分過ぎに、中盤を支えていた安藤 翼を下げる、というのは疑問。(体調上の理由であれば仕方ないが)

相手は、(前線の収め役としてターゲットになる)瀬沼を、後半冒頭から下げてさえも、

中途半端なロングボールを投入し、そのセカンドを狙う戦法に変換したのだから、その際、中盤で競り合えるタレントは、山雅の側に必須でしょう。

要は、4 – 3 – 3の、3ボランチ、プラス1(安藤)の旨味が消えてしまい、

自然と、菊井が低い位置をカバーするようになるので、攻撃圧が弱まった。

……❶プレイヤー間の距離(位置取り)と不活発、❷中盤の弱体化。

ゲーム様相を決めた、ふたつの主要素の意味が重いのは、

ロングボール、ルーズボールを多用して、山雅の攻撃リズムを狂わせようとする相手は、これからは、もっと多くなるからであって、

修正策をキチンとして置くのが、采配陣による、喫緊な仕事と思います。

では。

キジバトは,巣立った?

庭の金木犀(キンモクセイ)の、

僕の手を伸ばすと届く高さに、キジバトが、小枝を集めて巣を作った。

かれこれひと月も経った先週の15日に、

それまでずっと、巣を守っていたキジバトの姿が消えた。

卵を抱いていたはずだが、無事にヒナが巣立ちしたんだろうか?

僕の素人計算では、一週間くらいは早いように思われたので、

営巣を始めた時季をハッキリさせようと、

記憶をたどるため、その頃に訪問した親族に、日付けを確かめたりしたんだけれど。

記憶よりも記録だったか……、と後悔、先に立たず。

空っぽの巣を見あげては、新しい生命が旅立ちしたことを願っている。

では。

4 – 3 – 3と考える (前半戦をそろそろ総括❷)☞ 兼 SC相模原戦レビュウ

註:この記事を仕上げてから数十分後に、相模原の戸田監督解任を知りましたが、内容は変えずそのまま投稿します。他人様の台所事情はわかりませんから。

何度も言うが、

勘違いした方々による、システム万能論が横行しないことを願う。

そうならないためには、4 – 1 – 2 – 3、ではなくて、

〈4 – 3 – 3〉と考えよう。

……4バック(センター2人、サイド2人) が最基底にあって、

その前列に、逆三角形に、ボランチ(中盤)3人が配され、

さらに、最前線には、3人が並ぶ……その程度に。

❶スリートップ3人は、前線から高圧、執拗にディフェンスを行うことで、より高い位置から、攻撃に着手。

❷中盤。
3人が流動的に動き、ここでサイド、前方へとボールを捌いて供給。
そして、前線の後方から、攻撃に参加。
時に望んで、サイドを侵す際の、連携の駒のひとつにもなる。

❸サイドバック2人が敵陣の深くに位置取りする時は、
ボランチのひとりが落ちて、後方で、センターバックとボールをやりとりし、好機を探る。

……❶~❸を上手く機能させられる可能性が高い山雅だからこその、

現状の最適解なのだ。

付け加えると、

安藤 翼という、トップに張っているだけでなく、スペースを前後に走れるタレントがいるおかげで、3ボランチ+1 で、距離感よく中盤を構成できる。

さらに、安藤は、上背がないものの、ロングボールの収めにおいて進化しているから、チームをかなり助ける存在。(by チノ氏指摘)

山雅戦後の、アスルクラロ指揮官中山氏のコメントは、そっけなくて、

― 単純に力負けであって、こっちの力不足。

多くを語ってもしゃあない、という気持ちはあるだろうが、率直でもあって、

やはり山雅が、それだけ力と我慢を緩めずに闘ったことの証明でありましょう。

勝敗よりも、そらへんに、カチンと鉱脈を見い出したような手応えが在ったこと。

それが収穫だった。

とすれば、明日のSC相模原戦の眼目は、

相手より素早くボールを動かす姿勢を保って、

この路線で、ひたすら押しまくる、ってことでしょうか。

前節は、今治に、これでもかのヴィ二シウスで敗れた相模原にしたって、

その分、強度を意識してくるだろうから、簡単なゲームでないことだけは確か。

事情あって、萬年、現地参戦は諦めますが、気持ちだけは、共にかの地へ。

では。

山雅は,転向したのか? (前半戦をそろそろ総括❶)

もしも、この件を、霜田さんに訊けば、おそらく、

ボールを能動的に動かす攻撃的なサッカーをめざすことは絶対不変、と答えるに違いない。

僕も、そう思う。

ただし。

データを時系列的に追うと、高圧をかけて攻めることにはブレはないが、

変質、または、旋回も浮かび上がる。

❶ゲーム当りのパス数に、注目せよ。
対戦相手の流儀、点の入り方(先制/被先制、時間帯)の要素に大きく左右され、

ややもすれば結果論であることを承知で、あえて指摘すると……

ターニングポイントは、大宮戦(第13節)だったと診る

本来がボール保持にこだわらない大宮のパス数は、361本。

対し、山雅は、それよりかなり少ない 286本。

ロングボール(フィード)を織り交ぜ、大宮の中盤を機能させないように、

手数をかけずに侵入する戦法が、おおいに奏功して、2 – 0 の勝利。

これに味をしめたはずなのに、対北Q(予想されたドロー)、今治(たまたま逆転負け)と、足踏みが続くも、

鳥取戦で、(4 – 3 – 3を採用し)〈大宮封じ路線〉へと回帰して、

4 – 0 と持ち直し、

先日の沼津戦では、沼津パス数 680本、対し、山雅 280本。

山雅のボール保持率34%、とやることがより徹底されて、4 – 0。

ちなみに、パス数のリーグ第1位は、沼津、第4位は鳥取。

また、ボール保持率のリーグ第1位は、沼津、第3位が鳥取だから、

2週連続でこれらと対戦できたのは、予習、復習がまとめてできたという意味で、山雅にはラッキーだった?

とすれば、ゲーム思想で失敗したのは、第4節福島戦(0 – 1 の負け)

パス数、ボール保持ともにリーグ第2位の福島に対して、

山雅のパスが 516本、対し福島 341本、山雅のボール保持率 58%。

考えようでは、福島にいいようにハメられた、と言えるかも。

まぁ、ホームで倍々返しすることと、いたしましょう。

……以上、要約すると、

パスのひとつひとつにもっと意思と重要さを込めて、

常に前方向を選択することでゴールに迫る、そんなことが、鮮烈になっている。

では。

近ごろの大収穫 『Your Song』(by Nils Landgren)。

エルトン ジョンが、1970年に発表した。

あぁ、既に、54年前か。

時を経るにつれて、その良さが評価されているような曲。

むかし、中田 英寿がゲーム前に聴いていた、と聞いたことがあるが、

その人柄を感じさせるエピソードだ。

もともとが、ジャズ風味の曲だから、

存命ならば、フィービ スノウ(1950 ~ 2011年)に歌ってもらいたいなぁ、とか思っていたが、

最近、二ルス ラングレン(1956~、トロンボーン奏者、ヴォーカリスト) が、ジャズクヮルテットで、この曲を演っているのを見つけ、

その出来には、少々参ってしまった。

淡々と、なんら奇異を衒わない演奏。

けれど、ムダな音を削り落としたうえで、気の効いた音で攻めてくる、そんな感じ。

久々に、新作の(この曲が収録された)アルバムを購いたくなった。

既に、評価を確立しているラングレンではあるが、これから、目を離せない。

では。