自発/活発を欠くと,こうなる (2024.6.22 相模原戦レビュウ❶)

2 – 3 の逆転負け。

立て続けの2失点、アディショナルタイムの被弾。

後半、チーム組織として機能せず……これらすべてが、落胆を、さらに重くしますね。

サイドを崩して侵入してからの1点目、

コーナーキックからの2点目、

自分らが定番とする方程式では、得点はできた(ひとつの成果!)ものの、

(最後は浅川、といったお決まりのシュートにも持っていけた)

が、実は、前半からずっと、チームとしての基調的な出来は、芳しくなかった

❶プレイヤー同士の距離が遠いために、(相手から予測可能な)単調なパスしか使えず、したがって、脅威となる攻撃シーンをなかなか創れない。

SC相模原のような、失点の少なさに自信を持っている相手には、

縦、横(サイド☞サイド)に、一気に、素早い展開を図らないと、無意味に、ボール保持率を高めるだけ、になってしまう。

つまり、或る布陣(システム)を採れば万事OK、は間違いである、を証明してみせたようなもので、

パスを引き出す(=貰う)ための、各自の動きが少なく、不活発で、
能動さを欠いた。

これは、後半、

相手のアバウトなボール抛り込みに対し、ラインがムダに下がってしまったことにも繋がった。

強風に影響されないパスによってハイボール攻撃を回避することができなかったわけで。

失点は、ロングスロウやコーナーキックからのこばれ球を押し込まれたもの、

ゆえに、守備に課題を残す。……というのは、違うだろう?

ゴール前の混戦などの対応に腐心したところで、すでに遅いのであって、

その手前、なぜ?、コーナーキックや自陣深い位置でタッチラインに逃げざるを得ないのか、を考えるべき。

いちばんは、

(個人攻撃のつもりではないが) サイドバックやサイドに入って来るプレイヤーによる圧力や、攻撃的なプレイが貧弱で、推進力が出なかったことが大きい。

❷とすれば、50分過ぎに、中盤を支えていた安藤 翼を下げる、というのは疑問。(体調上の理由であれば仕方ないが)

相手は、(前線の収め役としてターゲットになる)瀬沼を、後半冒頭から下げてさえも、

中途半端なロングボールを投入し、そのセカンドを狙う戦法に変換したのだから、その際、中盤で競り合えるタレントは、山雅の側に必須でしょう。

要は、4 – 3 – 3の、3ボランチ、プラス1(安藤)の旨味が消えてしまい、

自然と、菊井が低い位置をカバーするようになるので、攻撃圧が弱まった。

……❶プレイヤー間の距離(位置取り)と不活発、❷中盤の弱体化。

ゲーム様相を決めた、ふたつの主要素の意味が重いのは、

ロングボール、ルーズボールを多用して、山雅の攻撃リズムを狂わせようとする相手は、これからは、もっと多くなるからであって、

修正策をキチンとして置くのが、采配陣による、喫緊な仕事と思います。

では。

4 – 3 – 3と考える (前半戦をそろそろ総括❷)☞ 兼 SC相模原戦レビュウ

註:この記事を仕上げてから数十分後に、相模原の戸田監督解任を知りましたが、内容は変えずそのまま投稿します。他人様の台所事情はわかりませんから。

何度も言うが、

勘違いした方々による、システム万能論が横行しないことを願う。

そうならないためには、4 – 1 – 2 – 3、ではなくて、

〈4 – 3 – 3〉と考えよう。

……4バック(センター2人、サイド2人) が最基底にあって、

その前列に、逆三角形に、ボランチ(中盤)3人が配され、

さらに、最前線には、3人が並ぶ……その程度に。

❶スリートップ3人は、前線から高圧、執拗にディフェンスを行うことで、より高い位置から、攻撃に着手。

❷中盤。
3人が流動的に動き、ここでサイド、前方へとボールを捌いて供給。
そして、前線の後方から、攻撃に参加。
時に望んで、サイドを侵す際の、連携の駒のひとつにもなる。

❸サイドバック2人が敵陣の深くに位置取りする時は、
ボランチのひとりが落ちて、後方で、センターバックとボールをやりとりし、好機を探る。

……❶~❸を上手く機能させられる可能性が高い山雅だからこその、

現状の最適解なのだ。

付け加えると、

安藤 翼という、トップに張っているだけでなく、スペースを前後に走れるタレントがいるおかげで、3ボランチ+1 で、距離感よく中盤を構成できる。

さらに、安藤は、上背がないものの、ロングボールの収めにおいて進化しているから、チームをかなり助ける存在。(by チノ氏指摘)

山雅戦後の、アスルクラロ指揮官中山氏のコメントは、そっけなくて、

― 単純に力負けであって、こっちの力不足。

多くを語ってもしゃあない、という気持ちはあるだろうが、率直でもあって、

やはり山雅が、それだけ力と我慢を緩めずに闘ったことの証明でありましょう。

勝敗よりも、そらへんに、カチンと鉱脈を見い出したような手応えが在ったこと。

それが収穫だった。

とすれば、明日のSC相模原戦の眼目は、

相手より素早くボールを動かす姿勢を保って、

この路線で、ひたすら押しまくる、ってことでしょうか。

前節は、今治に、これでもかのヴィ二シウスで敗れた相模原にしたって、

その分、強度を意識してくるだろうから、簡単なゲームでないことだけは確か。

事情あって、萬年、現地参戦は諦めますが、気持ちだけは、共にかの地へ。

では。

山雅は,転向したのか? (前半戦をそろそろ総括❶)

もしも、この件を、霜田さんに訊けば、おそらく、

ボールを能動的に動かす攻撃的なサッカーをめざすことは絶対不変、と答えるに違いない。

僕も、そう思う。

ただし。

データを時系列的に追うと、高圧をかけて攻めることにはブレはないが、

変質、または、旋回も浮かび上がる。

❶ゲーム当りのパス数に、注目せよ。
対戦相手の流儀、点の入り方(先制/被先制、時間帯)の要素に大きく左右され、

ややもすれば結果論であることを承知で、あえて指摘すると……

ターニングポイントは、大宮戦(第13節)だったと診る

本来がボール保持にこだわらない大宮のパス数は、361本。

対し、山雅は、それよりかなり少ない 286本。

ロングボール(フィード)を織り交ぜ、大宮の中盤を機能させないように、

手数をかけずに侵入する戦法が、おおいに奏功して、2 – 0 の勝利。

これに味をしめたはずなのに、対北Q(予想されたドロー)、今治(たまたま逆転負け)と、足踏みが続くも、

鳥取戦で、(4 – 3 – 3を採用し)〈大宮封じ路線〉へと回帰して、

4 – 0 と持ち直し、

先日の沼津戦では、沼津パス数 680本、対し、山雅 280本。

山雅のボール保持率34%、とやることがより徹底されて、4 – 0。

ちなみに、パス数のリーグ第1位は、沼津、第4位は鳥取。

また、ボール保持率のリーグ第1位は、沼津、第3位が鳥取だから、

2週連続でこれらと対戦できたのは、予習、復習がまとめてできたという意味で、山雅にはラッキーだった?

とすれば、ゲーム思想で失敗したのは、第4節福島戦(0 – 1 の負け)

パス数、ボール保持ともにリーグ第2位の福島に対して、

山雅のパスが 516本、対し福島 341本、山雅のボール保持率 58%。

考えようでは、福島にいいようにハメられた、と言えるかも。

まぁ、ホームで倍々返しすることと、いたしましょう。

……以上、要約すると、

パスのひとつひとつにもっと意思と重要さを込めて、

常に前方向を選択することでゴールに迫る、そんなことが、鮮烈になっている。

では。

ゲームを支配するために耐える (沼津戦レビュウ 本編)

勝因❶ 地道な仕事を続けたからこそ。

鳥取戦のレビュウで指摘したとおり、 4 – 1 – 2 – 3の陣形は、いままでやってきたことをベースにまとめあげた、現段階の最適解に過ぎない。

ゲーム状況によっては、4 – 4 – 2にしたり、締めくくる際は、5 – 3 – 2に変容する。

サッカーは、万事をシステムでやるわけではない。

が、このシステム運用が、効果をあげていることはたしか。

攻撃面では、やることが整理されてきたこと (by チノ氏)。

パス 2本 (米原☞菊井、菊井☞山口)で決めた3点目なんかは、その象徴的な結実だった。

が、より注目すべきは守備面。

この並びは、縦にラインを揃えやすく、

相手からするとハードルが多重になって攻めにくく、

そこへ加えて、山本 康裕(2列目アウトサイド)が、適時サイドに張り出しては、沼津左サイドからの侵入を挫折させた。

前線からの守備も、3つの横ラインが連動しながら、サボらずに我慢して継続した。

特に魅せ場は、2点を先行してからの、前半の中盤 20分近く。

沼津にボール保持がかなり高まったけれど、(おそらくはゲーム全体で70%近いはず)

中盤をタイトに保って、次々と守備要員が湧き出ては、できるだけ自由にやらせない。

一緒に戦っていて、ヒリヒリしている、あの感じが続く……。

そこを凌いで、流れを向こうに渡さなかったのは、勝敗以上の成果でした。

また、クリアについても、遠くへボールを捨てる、という割り切りと落ち着きが増したことも、守備における仕事の整理、でありましょう。

勝因❷  中山氏の指揮は、どう山雅を利したのか?

a) 先制点は、立て続けてのコーナーキックで調子に乗れたことから生まれた。

山本なり菊井があの位置に立てば、ショートコーナーで変化をつけてくる匂いプンプン。

ところが、ゾーンディフェンスで守る沼津は、誰ひとりデザインを企図しているであろうプレイヤーを牽制しに出て来ることはなかった。

高身長を並べる自信からなんだろうか、10人全員が、ゴールマウス前に林立。

山雅のことスカウティングしたのかいな?

こっちは、その分自由にやれて、リズムをつかめたんです。

b) 前半、その右サイドが機能しないのをみるや、後半頭から、スリートップ右を、#23 ☞ #21へチェンジ。

こういうのは中山さん、素早く果敢だった。

#21に替ると、サイドを奥までえぐられて、あやわ失点の折り返しを投入されたりで、その策は効果を生んだ。

で。

c) 次は、65分の2枚替え。

ここでは、#7 ☞ 齋藤 、#27 ☞ 川又と、セットで投入。

沼津の、定型的な交代カードの執行に思えたけれど、

これは、山雅にとって、脅威であると同時に、守備のターゲットが絞れたから,

助かった要素。

特に、齋藤に、左タッチライン沿いでプレイしてもらえたのは、彼を外側で抑え込めたし、

これが、中央で動かれ日には、もっと危険な局面を多く創られたに違いない。

後半が進むと、山雅の、中盤での圧迫と絞りにも緩みが生じ、アスルクラロのパスワークがより活発になっていたが、

沼津のボールの出し手と受け手が、ハッキリした、という意味で、

山雅にとっては、守備において目標がハッキリした、と言える。

やはり、多失点(ビハインド)は重く、

60分を過ぎると、沼津の4バックの動きも精彩を欠いていたし、ラインは形成されているが、並んでいるだけ、という格好にみえた。

沼津の交代策が、案外、山雅を利することになった点は、

これこそゲームの妙みたいなもので、中山監督の失敗、とまでは言えないだろう。

自分たちの仕事を、徹底してやり切ることで、

相手の修正をも、こっちに有利に誘導していく。

そんな美点で、見応えあるゲームをありがとう、山雅。

では。

中山氏の知略【対策篇】(沼津戦プレビュウ❷)

沼津戦の価値は、

(6月の残り3ゲームは、すべて上位との対戦でもあるから)

ここで結果を出せれば、(上位の勝ち点をも削れるし) 探り当てたい山雅流に信頼と磨きがかかる、という点。

そのために……

❶スカウティングの徹底と、戦法落とし込み(傾向篇で既述)。
☞ 実際は、チームにやってもらうしかないが。

❷チーム山雅は、つまらんBOOをくれるようなアルウィンを、心の裡で見限っていいから、そんなのはどこ吹く風でプレイせよ。☜かなり重要。

〈成功体験に囚われるな〉
4 – 1 – 2 – 3 (4 – 3 – 3とも)は、前節上手くいったにせよ、ひとつの通過点、あるいは目安。

重要なのは、攻守両面で、それを効果的に運用すること。

前からの連動的なプレス、サイドを活かした守備網の突破、その目的を忘れちゃあいけない。

となれば、今後、攻撃的に 3 – 4 – 3 が考慮されても良くて、

攻守切替えの瞬時な対応力が、もっと求められる。

結局、攻撃に即打ってでられる守備ができないと、今季取りついてるサッカーは成就しない、と診ます。(☜ 攻撃と守備の一体化とも)

〈中盤と左サイドに集中せよ〉
で、アスルクラロとやるには、ロングフィードを織り交ぜながら、

相手がボールを持つところが、いわば立ち会いのスタート。

前線からの強圧はもちろんとして、その後列の、インサイドハーフがスペースを詰めて押し上げること。

でないと、空いたスペースを、沼津サイドプレイヤー、ボランチが自由に使うだろう。

できれば、彼等をできるだけ後ろ向きにプレイさせればいいので、

このゲームは、うちの、特に、山本、米原、安永、住田の面々が、どれだけ、圧迫とボール奪取に貢献できるのかが、鍵か。

次に。

沼津は、とにかく左サイド。

ここが起点になって、ボールがゴール前、あるいは反対サイドへ飛んで来る。

となると、うちの右サイド、村越、佐相、樋口、藤谷、そして、復帰があれば馬渡。

彼らが、どれだけ、そこのスペースで、相手を押し込んで優位を保てるか?、が鍵。

思うに。

絶え間なく動いてこっちのマークをはずしにかかるアスルクラロのサッカーに対しては、

それについて行こう、というのは既に、思想として後手に回ってしまうし、

かつ、沼津は、シュート決定率が断トツにいいから、シュートまで持ち込まれたら、もう危険。

ならばむしろ、たとえ先制しても、守りに入るのは止めて、

こっちが前傾で相手を圧迫し続ける、とにかく、その時間帯をできる限り長くする。

それで、いきましょう。

たとえ、炎暑の中でも。

では。