足許をみつめる話。

家人が、新聞記事の切り抜きを、

―これ面白いよ、とテーブルに置く。

市民タイムスの、5/26付け。

〈山雅プレイヤーの愛用サッカーシューズ事情〉のコラムだった。

― へぇー、31人中14人。
およそ半分が、アディダスを履いていらっしゃるんだ。

インタビュウしてみると、着用のフィット感とか、見た目で選んでいる、といった回答だった、とか。

こういうところが、市民タイムスのお行儀の良さであって、

僕なんかは、もともと下賤な性格ゆえに、

選手は、特定のシューズメーカーとスポンサー契約しているんでは?(つまり、現品や金銭が動いている)とか、

高校時代の監督が、やたらと某メーカーを推すので、仕方なく履くようになった、とか。

もっと、生々しい理由を求めてしまうんですね。

(3部リーグのJリーガーには、そういった契約のアプローチはない?)

(そういう意味で、

― どこも似たり寄ったりですけど、見た目の格好の良さだと、これです、なんて答えが、いちばん納得できます)

市民タイムスのお行儀の良さ、と書いたけれど、

これは、不要な煽りもない、平穏で平和な記事を好む、という社風を褒めているのです。

(これにくらべると、どこかの新米などは、サッカーについて洞察が浅薄であるもかかわらず、不見識に、評価を上げたり下げたりすることにおいて、ひたむき。

数多くの世帯が、その偏向した記事を読まされるのだから、これこそ、信濃の国の不幸、というものだ)

ところで。

サッカー界にあっては、アディダス社製が、断然トップのシェアを獲ってるんでしょうか。

スニーカー全般においては、いまや、ナイキ社が、アディダス社の数倍の売り上げ。

で。

ナイキが市場を席捲した背景には、こんなエピソードも在った。

1980年代半ば、当時、ナイキ社は、プロ入りしたら、アディダスとの契約を望んでいた新人マイケル ジョーダンと、(おそらく破格の金額で)契約を結ぶことに成功。

さらに、全米プロバスケットリーグのゲームでは、そのカラーに〈白色〉を一定以上含むシューズを着用、というルールがあったが、

ナイキは、彼専用に、赤×黒でカラーリングしたやつを提供し続けた。

1ゲーム当り数十万円の、違反金もあわせて払い続けて(おそらくは)。

一般向けセールスのキャッチコピーは、こうだ。

ジョーダンなら罰金ものだが、君なら、このエアジョーダンを自由気ままに履くことができる!!

……以上、どこまでも、お金のお話で失礼しました。

では。

たかが統計、されど統計 (いつ得失点するのか?)

クラブの本心かどうなのか、はさておき、

ファン&サポーターに半ばおもねる格好で、強くなる、などという標語を掲げるものだから、

要らぬ騒音が、耳に入ってきて迷惑している。

おそらくは、強い、の中身を吟味(定義) することもなしに、

強い、イコール、勝ちゃあいい、といったような抜きがたい狭量に加え、

過去に縛られた感性が上乗せされて、これからも、ゲームが評されるだろう。

だから、よけいに気が滅入る。

たとえば。

勝てないとBOOの洗礼を浴びせる、あの南ゴール裏の、精神的な退廃は、なんとも切なくて、

いままでは、センスある(応援組織の)前衛的な存在、と好感をもって敬愛して来たけれど、

今は、蓄積してきた応援スタイルを食いつぶしているだけの現状であるから、

あの団塊には、かならずしも、アルウィンを代表する価値はないと見切り、

こっちとしては、同化ではなく、訣別を考えたほうがよさそうだ。

……さて、ここで。

ひとつのデータを、共有しましょう。

Jリーグ公式データによる、時間帯別の得失点、がそれ。

〈得 点〉
2012~2018年(2部の通算6シーズン)
後半45分(含アディショナルタイム)における得点の割合 ☞ 57.9 %

2020~2021年(2部の2シーズン)
同、得点割合 ☞ 71.3%

2022年(3部リーグ初年度)
同、得点割合 ☞ 56.5%

2023~2024年ここまで

同、得点割合 ☞ 58.6%

〈失 点〉
2012~2018(2部6季)
後半45分(含アディショナルタイム)における失点の割合 ☞ 27.9 %

2020~2021(2部2季)
同、失点割合 ☞ 22.8  %

2022年(3部初年度)
同、失点割合 ☞ 27.2 %

2023~2024季ここまで
同、失点割合 ☞ 32.8 %

上記、きわめて粗いデータによって語るなら、

赤字で表記した過去に比して、ここ2季で、5%ほど悪化した失点率が、非難と酷評の対象、ということか。

あの盛大なるBOOの 原因は、この5%の上昇ゆえ、かい?

ちなみに、アディショナルタイムの失点率は、ここ2季通算では、9.0%。

ただし、2012~2018のそれが、7.8%だったから、これは、取り立てて騒ぐ数値でもない。

各ゲームでは、それが、勝敗を左右する得失点であったかどうか?、が、

もっとも鮮やかに刻印されるんでしょうが、

重要なのは、

そもそもが、ゲーム趨勢の問題。

つまり、攻勢に曝されている程度や、

引き分けを嫌って、あるいは、挽回をはかろうとして、得点を獲るため前傾姿勢を強める程度、そういったものを勘案しないと、単純には評価できない。

ただ、現況の戦い方として、後半の得点率が少々上昇している(青字で表記)山雅であるから、

それも斟酌すれば、あくまでデータの上は、

過去比較の、目標値として、今後、4%ほど後半での失点を減らしたい。

しかし、まあ(余談ですが)、

2020~2021季の後半得点が、全得点の 70%超だったとは、恐れ入ります。

居心地が悪く、しかも、リーグ陥落のシーズンなのに、勝負強かった?……まさか。(もっと解析が必要ですな)

でも、所詮は。

これらデータも、結果による議論に過ぎないわけで、

(先制)ゴールが、どの時間帯に、どっちに入るかによって、まったくゲーム自体が変わるサッカーにおいては、

よっぽど頭抜けた技量を持っていない限りは、〈先制点〉が、ゲームの8割方を規定してしまう。

その意味で、

このところ、山雅が先制するシーンが多くなっているのは、

たとえ、その後、同点、逆転を喰らおうとも、強くなりつつある証拠のひとつ、かも知れませんぜ。

では。

『バッファロー ’66』からの、おまけ。

この作品には、スタン ゲッツ(テナーサックス奏者、1927~1991年)の楽曲が使われている。

そう言えば、当ブログの〈過去画〉の紹介では、

ゲッツが、チェット ベイカー(トランペット奏者、1929~1988年)と、

1983年、ストックホルムのコンサートで競演した、

〈Dear Old Stockholm〉を採りあげてあるんだった。

この曲は、僕の、大大お気に入り。

なので、

ブログでは、いままでに

マイルス デイビス(トランペット奏者、1926~1991年)と、

ユタ ヒップ(ピアニスト、1925~2003年)の演奏を、それぞれ、ご紹介した(記憶があります)。

で。

懲りずに、今回は、トミー フラガナン(ピアニスト、1930~2001年)のやつをご紹介に及んでしまう。

しかしまあ。

こうやって、親しいジャズミュージシャンを、ズラリと書き下してくると、

皆さん、昭和一桁(初頭)の生まれ。

でもって、今世紀に入るか、その手前で、他界されている……。

今さらながら、

僕は、そのあたりの方々の演奏をよく聴いてるわけだ。

では。

『バッファロー ’66』(1998年米映画) その偏向的な私論。


季節の憶え☞アネモネ カナデンシスが開花(5/24)

主演のヴィンセント ギャロ(1962年生れ)は、

監督、原案、脚本、音楽もこなしているので、俺のプライベートフィルム、といった作品に仕上がっている。

僕は、息子から紹介してもらってこれを観たが、けっこう楽しめた。

逆説的には、この萬年が好ましく思える作物なので、

ふつうの感覚の持ち主で、

かつ、映画というジャンルに興味のないお方には、観ることを、けっしてお奨めしない。

ヴィンセント ギャロという、一風変わった〈こだわりの〉存在につき合わねばならず、

おそらく鑑賞が、苦痛の時間に思えるかも知れない。

反面、かように観る者を選ぶ作品なので、

他方では、偏愛的な支持を得ているに違いない。

映画そのものについては、そういったファンがたくさん語っていることだろうし、

かつ、僕の興味は、今、そこにはない。

で。

皆さんと、共有したかったことは、ひとつ。

物語では、米国プロアメリカンフットボールリーグ(NFL)に属する、バッファロー ビルズ(1959年創設)にまつわる話題が、主要なプロットになっている。

刑期を終えて、数年ぶりに両親の家(つまりは実家、ニューヨーク州バッファロー)に戻ってきたのが、主人公のビリー。

母親に、妻帯している、と嘘をついてしまったため、見ず知らずの女性を誘拐して、(その彼女にお願いして) 妻として紹介する魂胆で、やってくる。

が、この父母は、息子にはほとんど関心もなく、自分のこと(人生と趣味)しか考えていない。

家族には、無関心、というすき間風が吹いているのだ。

特に、母親のほうは、チームのスタジャンを家で着通しているほどの、熱狂的なビルズファン。

でもって、ビルズが(最後に) 優勝した 1966シーズンは、

息子(ビリー) の出産と重なって観戦ができなかった、と、30年後のいまも嘆く。

バッファローは、その後、1990~1993年に 4季連続で、NFLスーパーボールに出場するも、すべて敗退。

特に、1991年(第25回)のゲームでは、

逆転を狙ってスコット ノーウッドが蹴り込んだ 47フィートのフィールドゴールが、右に外れ、わずか 1点差で優勝を逃してしまう。

実は、ビリーは、この負けゲームによって損害をこうむった他人の罪をかぶって収監されていた。

スーパーボール敗退は、スコットが、八百長に手を染めたためと信じているビリーは、

現在は、引退したスコットを、射殺しようと計画していた……。

……、長々と恐縮ですが、

家族の親密の無さや、賭け試合による負債は、ともかく、

自分の街に、プロの球団が在ることの功罪。

それが、たとえば、キネマの脚本に、こんなふうに織り込まれる……。

もちろん、自分のこの街と山雅に、強引に結び付けたい、とも思いませんが、

もし、プロサッカー球団が身近になければ、切実には迫ってこない物語だったに違いない。

では。

突貫と我慢の 6月,ゾッとする 7月。

 

(少々、あおり過ぎのタイトルですけれどね)

ローテーションの勤務ゆえに、

2箇月前には、公休を申請するのが、僕のルーテイン。

リーグ前半戦(6月いっぱい) は、残り 5ゲーム。

うち、ホーム3つで、アウェイ2つ。

アウェイのうち、相模原は現地参戦の予定で、休みを確保。

とにかく、この 5戦、それぞれにいわくはあるんだけれど、

持ち堪え、かつ、攻め続けてやるだけ。

で。

カレンダーみいみい、次月の、休みの申告をメモっていたら、

えらいことに気づいてしまったんです。

次なる7月の 計4ゲームが、後半戦のスタート。

対戦相手をズラリとあらためて確かめると、八戸、大阪、北九州、福島……。

なんだ、これら4つには、ひとつも勝てていない(2分2敗)。

しかも、ここが重要な点なんですが

すべてのゲーム内容において、相手を上まわれなかった

なんとも、なんとも、試練とチャレンジは続くよ、どこまでも。

この 4チームは、その強みにおいて鋭く尖がっている爽快さが、いちばんの持ち味で、

このまま調子を保ち、あるいは、上げて、上位に入って来そうな雰囲気。

となれば、山雅は、

彼ら以上に、これから進化、深化しないと、思うようなゲームをさせてもらえないのです。

かといって、

怖がってばかりでは能がないから、僕も微力ながら、なにかできないものか?、と

ファンサーヴィスの常田 克人をつかまえて、

― 北九州戦、あなた、少なくとも3回は、左サイドの藤谷君へ向け、ビッグスイッチ(サイドチェンジ)をしている。

できれば、あの倍は、ゲームの中でやってもらいたいな。

そしたら、彼、

― 倍ですか~っ ?!、と驚いたように言ったものの、

― (左サイドがフリーなのが) 見えていたら……と付け加えてくれた。

常田さんの、目の醒めるビッグスイッチに、大いに期待するに、3,000点!!

では。